DRYADES(ドリュアデス)について

木製雑貨ブランド Hacoa がチョコレートをはじめます。

DRYADES(ドリュアデス)の母体となる「Hacoa(ハコア)」は越前漆器の木地技術を活用し、職人みずから木製デザイン雑貨を制作、東京丸の内をはじめ、全国に十数店舗の直営店を持つ日本有数の木製デザイン雑貨ブランドです。
https://hacoa.com/

私達は自然の恵み「木」を使ってさまざまな感覚を今まで創りだしてきました。
そんな「木」が好きでたまらない私達が行きついた先がチョコレートでした。

カカオの木の実やナッツなど、チョコレートは「木」から生まれた自然の恵み。
Hacoaだからこそ作れる世界観を拡げ、「木」のあつまり、チョコレートの「森」をこのお店から発信します。

名前はDRYADES(ドリュアデス)、ギリシャ神話の木の精が由来です。
森の中を散策するようにチョコレートの実を探しに来てください。

木を良く知り、木が好きである私達が、
チョコレートの概念を変えます。

斎藤 拓野

Chocolatier Chef

東京上野の「パティシエ イナムラショウゾウ」で修行後に渡仏。パリのピエールエルメをはじめ、星付きレストランのシェフパティシエなどを経て、昨年夏に7年ぶりの帰国。
DRYADESシェフショコラティエに就任。

シェフパティシエの伝統的なチョコレートづくりの知識を活かし、「森の恵み」と「フランス菓子の伝統」を両立したDRYADESのスイーツが「懐かしい優しさと新鮮な感動」を兼ね揃えている理由がここにあります。

What Makes It Perfect

こだわりのさらに先へ

DRYADESのお菓子作りは「素材の持つ魅力を最大限に活かせるか」を追求しています。
素材の厳選は勿論、お菓子を作る全ての手順において「美味しさ」や「感動」の為に一切手を抜きません。

流行りの製法や、見た目が華やかなお菓子を作ることは簡単ですが、口にしたお客様の感動には繋がりません。DRYADESのお菓子作りは、見た目の美しさだけではなくスイーツを口にするお客様の「幸せ」を追求しています。

全ては数あるチョコレートブランドの中から、DRYADESを選んでいただいたお客様の為に。
日常の中でもっと身近に幸せや感動を感じて貰えるよう、シェフパティシエは今日もスイーツに愛情を注いでいます。

スイーツのこだわり

Chocolat pour...

チョコレートにかける想い

「僕のお菓子を食べてくれた人に、幸せな気持ちになってほしい」シェフパティシエの想いはその一点につきます。
コンビニでもインターネットでも安価で美味しいチョコレートを気軽に買える時代だからこそ、食べた人に感動を届けられるお菓子作りを目標にしています。

シェフパティシエが生み出すチョコレートの傑作「森のボンボン」は、DRYADESの中でも人気の商品。
素材の段階から仕上がりを思い描くことで、ボンボンショコラの見た目や風味、香り、口溶けなど個性を持つ魅力的なボンボンショコラに仕上がります。完成までに膨大な手間暇がかかるレシピであっても、感動を生みだす為に妥協を許しません。

また、DRYADESのお菓子は昔ながらのフランス菓子をベースに、挑戦的なアレンジが加えられています。

ナッツが練り込まれたフィナンシェや、燻製を施したチョコレートなど、他店では味わえない独自の製法で作られた新しいお菓子を生み出しています。
シェフパティシエとしての永年の経験と技術により、完成度の高い唯一無二のお菓子やチョコレートに仕上がります。

チョコレートにかける想い

Matériel

素材へのこだわり

シェフパティシエが絶対に妥協しない点、「最高の素材を使用し、本物のお菓子をお客様に届けること」。
選び抜かれたチョコレート、ナッツ、小麦粉やバターなどの素材がDRYADESのお菓子作りには欠かせません。
バターひとつであっても「産地を限定し、すましバターにした美味しい所だけを」といった素材選びから全ての製造工程までこだわりを徹底しています。

最高の素材を使い、細部まで丁寧に手を加えて生み出されるDRYADESのスイーツは、見た目にも美しく、個性際立つ味わいに仕上がっています。

DRYADESの世界を体現する職人は日々進化を続けます。
シェフパティシエが創造するDRYADESの世界。チョコレートやスイーツ達が奏でる森の恵みを、五感で堪能ください。

チョコレートへの素材へのこだわり